みなさんは、自分らしく生きることができていますか?
自分らしいとはどういうことだと思いますか?

簡単なようで、ちょっと難しい質問ですね。

今日は、ヨーロッパで暮らし始めてから常に頭にある、このテーマについて書いてみようと思います。


あなたはどう思う?
life-864375_1280 (1)
「あなたはどう思う?」この質問は、今からう~んと昔に、初めてフランスに語学留学した時に印象に残った言葉でした。

どんなことでも「私はこう思う。」と自分の意見を言わないといけない文化。
最初は非常に戸惑いました。なぜなら、言葉ができないから答えられないだけでなく、日本語でもわからないことがたくさんあったからです。

もちろん「考えたことない。」も、ちゃんと自分の意見として言ってもいいのですが、「じゃ、どう思う?」と畳み掛けるように聞かれると「う~ん。」と唸ってしまう自分がいました。

日本にいると、自分の意見がなくても、なんとなく生きていくことができますよね。
不満に思っても結局何も言わず「ま、いっか。」ですませてしまうこと、ありませんか?

そんな時、フランス人は「私は、こう思うけど。」とか「私は反対。」と言うことができるのです。
逆に、意見を言わないことは人間として未熟だとみなされてしまいます。


討論の文化
paris-112439_1280 (1)
もちろん、自分の意見が常に聞き入れられるわけではありません。

そんな時、フランス人はどうするか?答えは討論です。

日本人の目には、喧嘩をしているように見えるかもしれませんが、討論好きのフランス人は、すぐに論争します。そのため討論番組は人気ですし、またそれについて討論したりもします。

そして、フランスの大統領になるためにはスピーチだけでなく、多くの討論をすることにより、国民に自分をアピールします。

持論を熱く語るフランス人は、状況がわからないと、日本人にはちょっと怖いと思われてしまうかもしれません。なぜなら、オーバーリアクションで唾を飛ばして真っ赤になって持論を展開する人たちを見たら、ちょっとヤバイ人たちかと思うほどのこともあるからです。

でも、ご心配なく。あくまでも討論に対する情熱で熱くなっているだけで、キレているわけではありません。


自分は自分
one-against-all-1744093_1280 (1)
日本人は意見の相違に慣れていないせいか、意見が違う人がいると、個人攻撃ととらえる人が多いですね。フランス人はあくまで持論を主張しているので、討論の後は、けろっとしているのが特徴的です。

また、日本のように、多数が同じ意見ならだまって自分の意見をひっこめるということもありません。
空気を読んで発言しないのではなく、あくまでも、自分の意見は主張します。もちろん、決定には従いますが、納得いくまで話し合うことがフランス流。

そして、友人と意見が違っても気にしない。他人は他人、自分は自分。違っていてあたりまえ。

自他の違いを尊重する文化なのです。


意見を変えることははずかしくない
chateau-chambord-1088272_1920 (1)
フランスでは「Il n'y a que des imbéciles qui ne changent pas d'avis.」「馬鹿者だけが意見を変えない。」ということわざがあります。日本の考え方とは反対ですね。

でも、いいと思ったら、さっきまであんなに熱く持論を展開していた人が、ころっと意見を変えることもあるというのは、こんなことわざがある国だからこそかもしれません。

でも、皆さんにもありませんか?変えたくても、一度言った意見をひっこめづらくって、仕方なく意見を通すことになったという経験。

ヘンなプライドを捨てて、フランス人みたいになれたらずっと楽に生きられそうですよね。


自分らしく生きるために
rose-window-536376_1280 (1)
あの人みたいになりたい、こうあるべき、そんな思いにがんじがらめになっていた日本での生活。自分には足りない物ばかりで、いくら上を見てもキリがなくて、自分の至らなさに自己嫌悪。

自分は自分でいいんだ、だれか他の人になる必要はないんだ、そう思えるようになって、ずいぶん楽に生きられるようになりました。

向上心をマイナスにするかプラスにするかはあなた次第。
コップの水はもう半分しかないのか、まだ半分あるのか、とらえ方は人それぞれ。

周りに流されることなく、自分らしくあること。
それが私のライフワークです。


ランキング参加してます。
励みになりますので、応援してください。

ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング