ヨーロッパで暮らす

ヨーロッパで暮らしているmimiが、フランスとドイツを中心に、ヨーロッパでの生活、年中行事やニュースなどをお届けします。

ヨーロッパをもっと知りたい方に。

今までとちがう、ヨーロッパ式ライフスタイル提案。

birds-4002377_1920 (1)
日本ではまだまだ暑い日もあるようですが、ヨーロッパはすでに秋の気配です。
今日は、秋になるといつも見かけるヨーロッパの風景をお伝えします。

朝の冷え込み
mist-4495083_1920 (1)
9月になると、気温は急激に下がります。日によっては朝は3度とかなり肌寒く、みんな厚手の上着を着こんで出かけます。

そうかと思うと日中は20度まで上がったり、時々25度まで上がったり、周り中は風邪ひきばかりです。

みんななんだか体調がすぐれず、すっきりしないものの、太陽のでる日中は半そでで日光浴。
すっかり日差しの弱まった秋の太陽を、名残惜しそうに身体いっぱいに受けるのです。
そんなとき、朝には必要だったコートやブルゾンは邪魔になってしまいます。

ある朝の出来事
goose-4480772_1920 (1)
ある日、家を出ると、目の前に停めてあった1台の車に深緑色の液体が・・・。と思うと同時に、同じ色の液体の中を歩いてしまいました。
「何これ?」と思った瞬間に、「ああそうか」と納得。
ほのかに草の香りのする、大きな鳥の落としものでした(笑)。
ちなみに、フランス語では「深緑色」を表す表現です。

「かわいそうだね、車の持ち主の人」という子供に、「そうだね。でもね、日本ではラッキーなことだと言うし・・・」とか言いながら洋服につかないよう、そっと横を通り抜けました。

窓の外
nature-3098746_1280 (1)
その日の夕方、突然子供が「ママ、見て!」と窓の外を指さして叫びます。
「え、何?」と問うと「渡り鳥!」という答え。
窓辺で外を見ると、20羽ほどの雁らしき鳥の群れが飛んでいくのが見えました。

「そうか、もうすぐ冬が来るんだね」
そうです。こうして、数十羽ずつ集まった雁たちは、やがて数百、数千という大きな群れとなり、南へと下っていくのです。

ふと、数年前、何十分も空を見上げて、次々に南を目指す雁たちを震えながら見ていたことを思い出しました。

当時はこれからの自分たちの人生が、これからやってくる冬と重なり、涙が止まらなかったのです。
それと比べ、食べ物にも困らず、暖かい家の中で快適な暮らしができている今の状態は、夢のようです。

nature-2746726_1920 (1)
春の来ない冬はない。
そう思って、これからやってくる長い冬に備えるのです。
春がきっとくると思えるから、頑張れるのです。

どうか雁たちが、無事に南の国まで渡れますように。

ランキング参加してます。
励みになりますので、応援お願いします。

ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

chateaux-3774686_1920 (1)
フランス人と話していていつも気になるのは、身内のことを褒めること。どうすれば、そんなに厭味なくさらりと褒められるのかと、いつも感心させられます。
今日は、そんな褒め言葉と謙遜の上手なフランス人たちについて綴ろうと思います。

フランス人と謙遜
eiffel-tower-974997_1920 (1)
謙遜は日本の文化と思いがちかもしれませんが、実はフランス人も謙遜します。ヨーロッパ中の人を調べたわけではありませんが、ドイツ人などと比べると、フランス人は謙遜する人が多いのです。
自己主張の国のフランスで、ちょっと意外かもしれませんが、イギリスと同じぐらい謙遜の文化がある国がフランスだという気がします。自己主張の必要なヨーロッパの国々でも、やはりお国柄があるようです。

フランス人は褒め言葉に対し、「ありがとう」と言うこともあれば、「とんでもない」「いやそれほどでも」「ええ、少しですけど」などと、いう謙遜の表現は、実はフランス人もよく使うのです。意外ですか?
もちろん、思い切り自慢する人もいることはいるのですが、陰で失笑されていることも。能ある鷹は爪を隠すなのか、控えめにしている人のほうが、実は能力が高いことの多い印象です。


それって謙遜?自慢?
chateau-de-chenonceau-1095268_1920 (1)
一方で、ちょっと日本人に理解できないような褒め言葉を耳にすることも。
「うちの子は私に似て、勉強家で」と言われたときは、一瞬「それって自画自賛?」と思いましたが、言われた子供は嬉しそうにしているので、子供の自己肯定感につながる褒め言葉なのだな~、と感心しました。
まあ、「私に似て」はなくてもよかったんでしょうけど(笑)。

また大人でも、「彼女はすごい英語ができるんだ!」と言われていたのに、それなりだったということも・・・。

「うちの子は、勉強が得意だから」、「運動神経がいいの」なんて日本で言ったら、親ばかだと思われそうで、つい「うちの子は全然ダメで」なんて言ってしまいそうですが、それでは子供は傷つきます。私は、つい日本式(しかも昔風)に身内を卑下してしまうので、反省しきりです。

褒め言葉は魔法の言葉
france-1930715_1280 (1)
人間誰しも褒められて悪い気はしません。フランスで暮らしていると、褒められることが自己肯定感につながり、心地よく感じるのです。そして、いつの間にか、パワーが湧いてくるのです。

日本人の自己肯定感の低さは、先進国では最低ランク。それも、謙遜の文化から来ているのかもしれません。

褒め言葉は、魔法の言葉です。おだてるのとはちょっと違うんだけど、不思議とやる気が出てくる。
最近の子育ては、日本でも「褒めて伸ばそう!」となっているようですが、仕事でも同じです。

けなし合いのできる間柄は、親しい証拠かもしれませんが、褒め合って育てる関係も素敵ですよね。

フランス人のように上手に褒めて褒められて、謙遜しつつも自己PRができるって、いいと思いませんか?
まだまだ、と思うのでなく、こんなにできた!と喜べるのか。グラスに半分しか水が残っていないのか、まだ半分残っているのか。
気持ちの持ちようで、こんなにものの見方が変わるんです。

なんだか、自己啓発セミナーみたいになってしまいました。


ランキング参加してます。
励みになりますので、応援お願いします。

ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

schultute-432044_1280 (1)
ヨーロッパでは、ほとんどの国で、9月から新学期が始まります。
今日は、そんな中で8月下旬から新学期の始まるドイツでのちょっと変わった小学校の入学式について綴ります。

ヨーロッパでは入学式がない?
germany-1001712_1280 (1)
ヨーロッパ、といっても学校や地域にもよるのかもしれませんが、基本的に日本のような「入学式」はありません。夏休みが明けて新学期になると同時に、ヨーロッパでは校長先生のちょっとしたお話と、オリエンテーションがあれば、もう立派に「始業式」「入学式」なので、日本のような厳かなセレモニーはありません。
日本から来て、知らずに親子で正装でお洒落をしていった方は、気恥ずかしい思いをするようです。
特に指示されていない限り、普通の格好で、みんな気取らないスタイルです。
これは、始業式や終業式も同じで、卒業式などというのも、ずいぶんあっさりしたものです。
日本人の私としては、なんだか物足りないのですが、子供達はそれが当たり前なので、別になんとも思わないようです。

ドイツの卒園式
schultute-2777156_1920 (1)
さて、ドイツの小学校の入学式の話をする前には、卒園式を語らねばなりません。というのも、卒園前に、ドイツでは直訳すると「学校袋」となる「Schultüteシュールチュートゥ)」と呼ばれる、円錐型の厚紙で作られた入れ物を用意するのです。
大きさはかなり大きく、自分の背丈の半分ほどの作品を持って歩く子供たちは、ちょっと大きな卒園証書でも持っているような雰囲気です。
私の知る限りでは、保育園や幼稚園で自分たちで作って、色を塗ったり、切り紙で立体的に人物などを張り付けたりしてデコレーションをし、思い思いのシュールチュートゥを作ります。幼稚園や保育園によっては、親と一緒に作ります。
私は、卒園時になにかプレゼントが渡されるのかな?と思っていたのですが、卒園式の日は、まだそれを使うわけではありません。

ドイツの入学式
schultute-1499046_1280 (1)
さて、小学校の入学式の日には、親があらかじめ中に学校で必要な筆記用具などの文房具やお菓子などを入れたものを準備して、持って行きます。日本で言う幼稚園から「授業」があるフランスと違い、ドイツの学校では、この小学校の入学が初めての「学校」生活の始まりなので、特別な意味があるようです。
フランスとは違ってちょっとおしゃれをしている人もいるのが驚きでしたが、我が子は現地校ではないため、色々な国の出身の子たちが来ているので、一般的なドイツの学校とは違うのかもしれません。

うちの子の学校では、子供達が校歌を歌い、新入学生が一人ずつ拍手で迎えられると、緊張した面持ちで、通い慣れた幼稚舎から学校の棟へと進みます。
続く始業式を後に、新1年生は教室へと向かうゆるさには驚きますが、シュールチュートゥを持った子供たちを見て小学校へと入っていく子供たちを見て、肩の荷が下りた親たちの顔にも安ど感が漂います。

いずれにせよ、シンプルな入学式で、子供達は学校の雰囲気に圧倒されるのもつかの間、すぐに学校での日々が始まるのです。

夏休み明けでみんな真っ黒に日焼けした子供たちは、これからやってくる暗くて長い冬に向けて、新しい環境で逞しく成長していきます。

親にとっても、新学期。今年度も、がんばらなくっちゃ。

ランキング参加してます。
励みになりますので、応援お願いします。

ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

bundestag-2463231_1280 (1)
みなさんは、オペラに興味がありますか?
私は、特にオペラファンというわけではないのですが、時間があればフランスのウェブラジオで聴いています。
そこで、ちょっと気になったことがあるので、みなさんのご意見も伺いたいので、フランス語と歌について書いてみたいと思います。

フランス人とオペラ
stage-1248769_1920 (1)
フランスはフランスオペラと呼ばれる自国の独自のオペラ文化があるにもかかわらず、あまり有名なオペラ歌手を輩出していないことは、実はあまり知られていないかもしれません。

世界的に活躍できるようになるには、ナタリー・デュセのようにドイツ語も堪能でないとやはり難しいようです。

あくまでも個人的な見解ですが、実力や語学力があっても、声量が少なく華やかさにかけ、舞台映えがしない歌手が多いような気がするのです。

こういうと語弊があるのですが、決してフランス人の歌唱能力が低いわけではありません。そして、フランスの音楽教育に問題があるわけでもありません。

そして、とても好きな歌手たちもいます。オペラというとかなり狭い範囲なのですが、ここではオペラを含めた歌唱活動をしている歌手のことを指します。

フランス語のせい?
paris-1344322_1920 (1)
素人の私が差し出がましくもこんなことを書くのは、先日かなり驚くことを目にした、というか耳にしたからなのです。

フランス語とドイツ語で同じメロディーの歌を何曲か聴くうち、かならずフランス語で音量が下がることに気づいたのです。
同じ人たちが同じメロディーを歌うので、何度も同じメロディーを繰り返すのですが、フランス語に切り替わると、かならずボリュームダウン。
最初は歌詞を覚えていないのかとも思ったのですが、サビの部分でも同じ。

つまり、ドイツ語と同じ声量ではフランス語で歌えないということです。

もちろん、プロの方はそういったことも含めて歌われるのでしょうが・・・。

日本でオペラと言えばやはりイタリアオペラかドイツオペラが有名ですよね。フランスオペラがフランスからあまり発展しなかったのは、言葉の問題だけでなく、そんな理由もあるのかな、なんて考えました。やっぱり華があるほうが、舞台映えしますもんね。

考えてみると、ロベルト・アラニアもイタリア系フランス人ですよね。以前コンサートを聴きに行った某フランス人歌手も、イタリア系で、母音が明るいのがよくも悪くも気になりました。太陽の国の歌を歌うにはぴったりでしたけど。

architecture-3091433_1280 (1)
フランス語の声量と言えば、ちょっと余談ですが、カナダのケベック州で使われているフランス語はとても母音が開いています。おまけに、女性もみんな声が低め。
反対に、母音の緊張度の高いフランス語の標準フランス語は、とても高い音域を使って話します。女性だとカワイイ印象です。男性も声は高めで、自己主張するときは更に高い音域に。高低のバリエーションが大きいことも特徴です。

フランス語を知らない人には、「興奮している」と取られかねないほどです。とあるフランス人男性は、ドイツの警官にスピード違反で捕まった際、「普通に」抗議しただけでしたが、「興奮状態で警官に食って掛かった」と取られ、連行されてしまいました。

う~ん、言葉って思っている以上に複雑なんですね。

ランキング参加してます。
励みになりますので、応援お願いします。

ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

street-3120191_1280 (1)
毎日安心して暮らすことができるためには、街づくりがきちんとしていて、安全に配慮されていることはとても重要です。ヨーロッパで暮らしていると、日本と比べ安全に配慮されていることが多いと感じます。
今日は、そんなヨーロッパの交通安全事情について綴ってみます。

車と歩行者
truss-727980_1280 (1)
近頃日本では、歩行者が犠牲になる自動車事故が後を絶ちません。 ヨーロッパでは、テロでもない限りそういった事故はまずないのですが、一つには都市部の中心は車両の乗り入れが禁止されている区域が多かったり、道路脇にはだいたい歩道がついていて、住宅地では車のスピードを落とさせる様々な手段が使われていることもあるのではないでしょうか。
また、都市部では日本のように、ギリギリを車が通っていくような地域はまずありません。 現在私が住んでいる町も、結構車社会な土地柄ですが、住宅地にも関わらず家の前からすぐに歩道がついています。 日本の細い曲がりくねった、しかも電信柱や看板がでているような道路を、車と人と自転車がそれぞれにすり抜けて通るカオスな道は、いっそのこと車は通行禁止にしてしまってもいいのでは、と思ってしまいます。

自転車と車
freiburg-76217_1280 (1)
以前日本で、車道で信号待ちをしている自転車がいて、手信号を出して右折していくのを見て、思わず「ヨーロッパみたい」と呟くと、実は欧米人だった、ということがありました。 ヨーロッパでは、自転車専用レーンがない場合、そのようにして走る必要があるのですが、日本のドライバーの方にとっては少し不慣れなため、危険を伴うのでは?と個人的には思いました。 逆に、例えばガソリンスタンドに入る際は、ヨーロッパでは歩道と自転車レーンの二つを横切っていく必要があるので、注意が必要になります。

歩行者と自転車
paris-3980599_1280 (1)
ヨーロッパでは、自転車は車道もしくは自転車専用道路・専用レーンを走る必要があります。 日本では、歩道を歩いていて後ろから来た自転車にぶつかられそうになったことが何度もありますが、ヨーロッパでは歩道を走るのは禁止なので、そういった怖さはありません。ただ、かなりスピードを出す自転車が多く、公園内などでは歩行者と同じ場所を走っているので、場所によっては注意が必要です。 近年、自転車との衝突事故で、死亡に至るケースがあるというニュースを見るたびに、どうして日本には自転車教習の義務がないのかと疑問に思います。

ヨーロッパでは、幼稚園児や小学生が警官の指導のもと、道路の渡り方の練習をしたり、自転車教習に出かけたりするので、小さい時から交通ルールが身につきますし、またルールを守ろうという気持ちにもなりやすいような気がします。

ヨーロッパと言っても、国によってまったく違いますし、同じ国でも地方色があるので、一括りにはできませんが、歩行者として、特に子連れでは、日本のほうが怖いと思うことが多くあるような気がします。

東京駅周辺でも、赤信号に変わっているのに無理やり交差点に突っ込んでくる車に何度もヒヤリとさせられました。こんな運転をしていたら、ヨーロッパではきっと捕まるだろうな、と思っていたのですが、先日同じような内容の記事を目にして「やっぱりな」という気持ちになりました。

日本がグローバルな国となるためには、英語教育やおもてなしも大切ですが、街づくりといった基盤から、まずは基本的なルールを守る安全な国になってほしいと思います。 

ランキング参加してます。
励みになりますので、応援お願いします。

ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ